ローン審査に必要な資料

住宅ローン融資を受けるにあたり、色々な過程を経てようやく融資を受ける事が出来ます。 住宅ローンを組む人は実際には多数存在しますが、そのローン申請に対して審査があったり、年令や職業などによっても借り入れ出来る金額が異なったり、また、借り入れをする事が出来ない場合もあります。 まず、住宅ローンを申請する際には、審査に通らなければ、融資を受ける事はできません。またローン審査に必要な資料もあり、提出する書類が全てそろっていなければ審査に通す事は出来ません。 では、ローン審査に必要な資料ですが、金融機関所定の個人情報の同意書、身分証明書、健康保険証、源泉徴収票、購入を検討している物件のチラシ等が必要になります。 審査を通すにあたり、これらの書類はすべて必要ですが、その中でも源泉徴収票は収入を確認する上で重要であり、健康保険証なども社会保険に加入した日、つまり、取得した日から勤続年数を確かめたりすることもあります。

また、国民健康保険の場合は、有効期限が1年あるかどうかも審査の対象として検討されます。 なぜ有効期限が1年なのかといいますと、滞納などをしている場合、有効期限が3カ月となっている場合があり、今後の返済に関わってくるからであると言えます。      

銀行系カードローンについての関連サイト

りそな銀行カードローン審査!即日申し込み窓口【りそなプレミアム】

ATMでも引き出せて安心の大手銀行系ローンです。
最短で即日回答可、限度額800万円まで。
まずはコチラで審査内容をチェック!
(www.bankcard-loan-shinsa.com/より引用)

     ▲PAGE TOP