SMBCモビットの審査って通りやすいの?

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

SMBCモビットは24時間365日審査申込してくれているのもいいですね。SMBCモビットならアルバイトやフリーターでも審査に通る人もいます。

SMBCモビットの審査は審査条件さえ満たしていれば借りれるしスピーディな点も多くの人に支持されているようです!

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

スマホなどWEB申込ができるのもSMBCモビットのメリットの一つですね。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

お金を借りる方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

     

     

審査甘い?厳しい?SMBCモビット審査基準

SMBCモビットはパート主婦でも審査を受けることができますよ。

SMBCモビットは消費者金融ですから、審査はゆるいけど金利は高いという声があるようですね。SMBCモビットの審査は甘いのでしょうか、厳しいのでしょうか?

SMBCモビット審査の申し込み条件ですが、満20歳〜69歳までで安定収入がある人と言うのが第一です。その他、専業主婦や年金受給のみの人は審査基準にはあてはまらないので、SMBCモビットの審査には落ちてしまうとのことです。

ただ、ート・アルバイト・派遣社員・自営業の方はSMBCモビットの利用は可能ですのでそういう面から見たら、SMBCモビットの審査基準はありがたいなと感じました。

参考:SMBCモビットの審査は厳しい?審査基準の口コミは?【スマホ申込み】

SMBCモビットなどの消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

プロミスやSMBCモビットなどのような消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

SMBCモビットなどの消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

SMBCモビットでは借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

お金を出資してもらうことができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で消費者金融と銀行の金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

通常、SMBCモビットやアコムのような消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

ですが、SMBCモビットなどの消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

SMBCモビットカードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

消費者金融のSMBCモビットカードローンはパートやアルバイトは申込可能となっていますし、派遣社員の人でもたくさん審査に通っている人はいらっしゃるようですね。

SMBCモビットカードローンの審査が落ちるのが不安と言う人はSMBCモビットカードローンのお借入診断を利用するといいですよ。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

     

     ▲PAGE TOP